ものづくりは創エネへ 。
森商事株式会社の地球温暖化防止の取り組み

森商事株式会社は、「ものづくりは創エネへ」を企業理念とし、この度タオル製造工場初の太陽光発電システムを導入しました。太陽光発電システム 導入を通じて、環境に優しいタオルづくりを提案するとともに、地球温暖化防止に努めてまいります。

太陽光発電

導入の背景

温室効果ガスによる地球温暖化が今、世界的に大きな社会問題になっています。2005年2月、地球温暖化防止の施策として、京都議定書が発効し、日 本は2008年2012年までの間に、CO2などの温室効果ガス排出量を1990年に比べて6%削減することが義務付けられました。一方、政府は京都議定 書(1997年12月)を実行に移すため、2008年7月29日の閣議で「低炭素社会づくり行動計画」を決定しました。

太陽光発電 co2排出

こうした背景の中、森商事株式会社は社会の一員として、また一経営者として企業活動を通じて、地球温暖化対策を模索してまいりました。
また、四国タオル工業組合の一組合員として地球温暖化防止国民運動「チーム・マイナス6%」に参加し、温室効果ガス削減に向けた運動を積極的に取り 組んでまいりましたが、その運動を前進させるため、国の太陽光発電設備設置事業を活用し、弊社宮ヶ崎工場の屋上に、タオル業界初の太陽光発電システムを導 入し、平成22年6月24日試運転を開始しました。